イメージ画像

夜勤専従で勤務しやすい診療科目はどこか?

看護師が転職したり復職したりする場合にはいろいろな条件があります。 中には夜勤をすることを限定にして1名体制を希望する看護師もいます。 ここでは、夜勤専従で勤務しやすい診療科目はどこか?をテーマに考えてみましょう。

夜勤が必要になってくる診療科目で一番先に思い浮かぶのがICUと呼ばれている集中治療室です。 患者さま2名に対して1名の看護師を配置しなければなりません。 一般病棟と比較すると夜勤専従のニーズが高いセクションになります。

同様の理由で救急救命室(ER)や心臓血管疾患集中治療室(CCU)も似ています。 しかしながら看護師が多く必要とされていますから1人夜勤はないです。 一般病棟と比較すると看護師が多いセクションになります。

近頃ではさまざまな診療科目で夜勤専従の看護師が募集されています。 具体的には「療養型病院」「精神科病院」「認知症専門病院」「ケアミックス病院」「亜急性期病棟」です。 日勤常勤だけを希望するなど、潜在看護師の復職が盛んになりワークスタイルも多様化しています。

これにつれて夜勤専従のニーズも増えてきている傾向です。 実際の1名勤務での募集ですが有料老人ホームを代表とした施設系や総合病院の救急外来や一般病棟でケースバイケースですが1名体制の募集はあります。

1名勤務の場合のメリット・デメリットについて触れておきましょう。 1名での夜勤となると煩わしい人間関係がないように感じます。 静かに過ごせそうなイメージを持っている看護師もいるでしょうが実際にはそうでない職場も存在します。

交代要員がいませんから休憩時間もろくろく取れない場合も少なくないです。 普段は1名体制でも問題がないでしょう。 しかし急変患者さまが複数になったりした場合もすべて一人で対応しなければなりません。 1名体制の夜勤を検討している場合は、このあたりも視野に入れておきましょう。

以上、夜勤専従で勤務しやすい診療科目はどこか?をテーマに考えてみました。 ニーズが高まっている夜勤専従ですが意外と広告求人では目にしません。 それは夜勤専従で生活できる看護師が少ないからだと思われます。

このページの先頭へ