イメージ画像

潜在看護師と人手不足の実態

潜在看護師という言葉を、耳にしたことはないでしょうか。看護師として現在働いているのであれば、すでに当たり前の言葉として耳にしたことがあるといえます。 実は、潜在看護師と看護師の人手不足の実態は深く関係しているといわれており、潜在看護師が現場に復帰することで、様々なメリットがあることが予想されています。

これは、一体どういうことなのでしょうか。詳しく見ていくことにしましょう。そもそも、看護師は女性の仕事というイメージが強いことからも分かるとおり、結婚や出産を機会に仕事を辞める人が多いといえます。 そのため、潜在看護師の数がとても多いんですね。例えばの話ではありますが、この潜在看護師が全員復職した場合、看護師不足が解消するということが分かっています。

それだけ、たくさんの潜在看護師がいるということですが、このことに目を付けた医療機関などは、復職しやすいように環境を整えたり、事前に研修を行ったりと、少しでも潜在看護師が復帰しやすいように様々な工夫をしています。

しかし、実際のところはどうでしょうか。少しずつ環境が整ってきているとはいえ、まだまだ潜在看護師の復職は進んでいないというのが現状です。 その理由を挙げるとするならば、次の3つだといえるでしょう。家庭との両立、ブランクによる不安、体力的な問題の3つです。

このような問題や不安、悩みを抱えた状態で、復職活動を行っていても、上手くいくはずがありませんし、結局復職せずに終わってしまうというのがおちです。 そこで、活用したいのが、看護師専門の求人支援サービスです。特に、復職する場合は、自分で仕事を探すとなると、様々な疑問などが出てくるものです。

そんな時に、看護師専門の求人支援サービスを利用すると、親切に担当のコンサルタントが教えてくれますので、スムーズに仕事を探すことができるでしょう。 また、現在の医療機関の状態や、様々な求人先に詳しいですので、おすすめの職場を紹介してもらうことも可能です。

今後、人で不足で悩んでいる医療機関ほど、潜在看護師の獲得に力を知れていくのかもしれません。

このページの先頭へ